空き巣対策をしよう|玉砂利を使うメリットを知ろう

手軽にできる防犯対策

庭の装飾アイテムとして利用される玉砂利は、ホームセンターや通販で手に入れることができます。玉砂利は色によってその印象は大きく異なるので、明るい雰囲気で高級感を出すなら白、和の着いた雰囲気なら黒と、シーンに合わせて選び分けましょう。玉砂利はインテリアだけでなく、踏めば音が出るため防犯にも役立ちます。

砂利を取り入れよう

玉砂利は丸い砂利のことで、景観のために使用する以外にも防犯の目的で使用できます。種類も白い石灰からできた白玉砂利のほか、大磯、南部と五色石それに那智黒石や新那智黒石が有名です。相場は二十キロ単位で六百円から三千円程度で、大きさや種類によって金額に差が出ます。

家の周りの防犯対策

手

ガーデニングで防犯を

玉砂利とは、家の庭に敷くための小さな石のことです。近年はガーデニングとしての装飾の意味合いの他にも、その上を踏みしめるとジャリジャリと音がすることから、防犯対策としても注目されています。玉砂利には色や形、大きさなど様々な物があり、価格も種類によって違うので、使う量や場所、庭の景観などと合わせて適切な物を選ぶ必要があります。白玉砂利は白い石灰岩の原石を砕いて加工したもので、価格が手頃で人気の商品です。最近は淡いピンク色をしたピンクチップも煉瓦や明るい洋風の壁に合い、値段も手頃なので人気があります。黒い輝宝石や那智黒石などは、その風合いから高級感が漂いますが、値段が高いので、使う場所や量をよく考慮してから購入するのが良いでしょう。実際に玉砂利を敷く時は、砂利を敷く前にいくつかの準備が必要です。まず最初に砂利を敷く場所の雑草を除去して地面を平にならします。そうすることによって砂利を敷いた時に均等の厚みにすることができ、更にこの後に敷く防草シートの劣化を防ぐことができます。防草シートは玉砂利の間から雑草が生えたり、せっかく敷いた玉砂利が地面に埋没するのを防ぐ効果があります。雑草が生えると、景観が悪くなるだけでなく、砂利同士が擦れることによる音が聞こえにくくなるので、防犯効果も薄れてしまいます。防草シートを敷く時は、端から雑草の種が入り込んだり、めくれ上がらないようにしっかりと固定しましょう。そうした準備の後に玉砂利を敷きます。上から踏みしめることによる砂利の広がりを考慮して、3cmから5cmほどの厚みになるように敷き詰めるのが理想的です。以上述べたように玉砂利を敷く時は前準備が必要となります。もちろん個人でもできますが、場合によっては専門の業者に相談するのも良いでしょう。

防犯の方法

家の防犯対策の一つとしてお勧めなのが、防犯砂利を家の周りに敷き詰める方法です。家の外壁や庭の景観に合った防犯砂利を敷くことにより、空き巣などの防犯対策だけでなく、見た目も綺麗で雑草対策もできるので、ガーデニングにもぴったりです。