空き巣対策をしよう|玉砂利を使うメリットを知ろう

砂利を取り入れよう

石

その種類や価格の相場

形が角ばっていてバラバラな砕石に対して、丸みを帯びていて柔らかい印象があるのが玉砂利です。日本では和風の庭園に使われていることも多く、落ち着いたイメージのエクステリアにしたい時によく用いられます。また玉砂利は、導入すれば景観だけでなく実用面でも良い効果をもたらしてくれるアイテムです。これを敷いた地面を踏みしめると必ず音がするため、防犯的な意味合いでも役立ってくれるでしょう。そんないろんな面でプラスになるという理由から、庭や玄関周りに玉砂利を取り入れる家庭や施設も多くなっています。とはいうものの、一口に玉砂利といっても採掘現場によってとれる粒の大きさや色以外にも材質が大きく異なるものです。それに従って値段や扱いやすさも違ってくるので、選ぶ時は使用する場所との兼ね合いも含めてその点もよく考えて取り入れるべきでしょう。なお家庭や施設でよく使われる砂利は、白玉砂利と黒玉砂利の二種類となっています。白い砂利は石灰からできていて、見た目にも明るく他の意思よりも入手がしやすいということで人気です。これ以外では大磯や南部、五色石や新那智黒石の他那智黒石のような黒色の玉砂利もよく使われています。大きさは五ミリから九ミリの三分砂利から、5センチ程度も大きさまで用途に合わせて使い分けができるのも魅力といえるでしょう。ところで気になるのはその価格ですが、二十キロ単位で六百円から三千円と大きさや種類によってちがいがみられます。そのため、使用する場所や面積、用途で玉砂利の大きさや種類を使い分けるのがおすすめです。